勘弁してほしい!しつこい退職の引き止めへの対策

やっと会社を辞める決心を固め、いざ上司に伝えてみたもののしつこい引き止めにあって辞めることができないケースは結構あります。

もう“そこに心あらず”な状態の社員を引き止めてもいい仕事をしてくれるはずもないのに、なぜ会社はしつこく引き止めるのか?

今回は退職の引き止めの理由や引き止めにあった際の対策などをご紹介します。

少子高齢化で多くの会社は人手不足に悩まされています。ただでさえ売り手市場の昨今、労働者はより良い労働条件や待遇の求人に流れます。特に離職率が高い会社は労働条件や待遇などに従業員とのミスマッチが常態化しており、従業員が常に不満を抱えている場合が多々あります。

そういった会社は現在の労働市場では安定した人材確保が難しいため必要以上に無理な引き止めを行なう可能性が高いと言えます。

新しい人材を確保するための求人広告への掲載費用や面接から採用までにかかる時間は会社にとっては出来るだけ避けたい要素です。

人材が見つからないために派遣会社などを利用すればさらに無駄なコストがかかってしまいます。採用から一人で業務を遂行できるまでにかかった時間やコスト、即戦力として人材の確保の難しさから会社は必死で引き止めます。

大体のマネージャークラスは自分の評価をとても気にします。上司は部下が辞めると会社に報告しなければならず、部下の離職率の高さによっては上司の評価が下がる場合があります。

特に部下が次々に辞めてしまい、なかなか人材が定着しない部署では上司は評価を下げたくないために必要以上な引き止めを行う傾向があります。

結局のところ、会社は運営のことを第一に考え行動します。無理な引き止めをする会社は辞める決断をした社員の将来のことは考えてはいません。辞められてポジションに穴が開くことを気にするのみです。

本当に社員のことを思い、質の高い運営を行う会社なら「去る者は追いません」。もうその仕事やりたくない、興味もないと表明している人に無理やり仕事をさせ続けてもいい仕事をするはずありませんから。

「とても期待していたのに残念だ。将来は〇〇を任せようと思っていた」

「せっかく覚えた仕事を辞めるのはもったいない」

上司からの期待を含めた言葉をどう受け止めるかは、上司との信頼関係によるところです。日頃からそのようなことを伝えられて、認識していたのであればともかく、もし退職を伝えた途端にそう言うことを言い始めるのであれば、その理由を考える必要があるでしょう。

上司の自分への期待の言葉が場当たり的なものでは無く、実際にその会社で実現され、自分の将来の目標や理想のキャリアパスに合致するのか客観的に判断して決断を出しましょう。

「みんなに迷惑がかかると思わない?」

「こんな大変な時に退職するのは無責任だ」

同僚や会社への責任を強調して間接的に退職することを否定するパターンですね。そんなことを言われたら誰も退職することは出来ません。

責任感の強い方には重くのしかかる言葉かもしれませんが、その会社にいることが自身の幸せに結びつかないと判断したならば躊躇すべきではありません。人生の時間は限られています。

「この状況では退職届は受け取れない」

「就業規約に書いてあるように半年前に通知しないと退職は認めない」

強引に退職の意思を拒否したり、退職届を受け取らない、酷い場合には暴言を吐かれる場合もあります。そんな会社は引き止められても続ける価値は全くありません。問題外です。全ての労働者は仕事を辞める権利が法的に定められています。

もし上司に退職を拒否されたら、その上の上司に退職の意思を伝えます。その際、退職届を必ず渡しましょう。もし手渡しが難しい場合は内容証明で会社に郵送することも可能です。会社に退職届が渡ってから2週間後には退職が可能です。退職拒否に絶対に屈してはいけません。

引き止めのパターンは色々ありますが、どれも全く気にすることはありません。退職は悪いことでもネガティブなことでもありません。誰かに退職させられたのではなく、自身で判断し、その決断に至ったのです。会社や業務、給料、将来性などに満足していれば決して辞めることはないはずです。

辞める社員はその会社の仕事に充実感を得ることができない、またはより良い条件で働きたいからその会社を去るのです。あの手この手で不安を煽ったり、ネガティブなことを言ったり、時には期待していたなどと心情に訴えたり…例え折れて仕事を続けたとしても会社への根本的な不満が解消されることは稀です。一度決心したならば気にせず次に移りましょう。

口頭で退職の意思を伝えれば退職はもちろんできますが、言った言わないになる可能性のあるので、口頭で退職を伝えた後、証拠を残す意味でも書面で退職を伝えましょう。

次の就職先が見つかっていることは大変重要です。見つかっていなければ、次の就職先を見つけるまでに無職の期間ができてしまうため、転職活動に少なからず影響を与えます。何より転職先が決まっていれば退職に対する心の余裕も全く違ってきます。

退職を少しでも考えたらすぐに転職活動を開始することをお勧めします。結果的に転職しなかったとしても、現在の転職事情をリアルに体験することができ、現在の仕事を判断する良い材料になります。

会社としてはできるだけ次の人材確保に時間をかけたくありません。特に繁忙期の退職は後任者探しや引き継ぎなどが大変になります。

出来るだけ閑散期を狙い、尚且つ退職までに期間を持って退職を告げれば、会社は次の後任を探す時間や引き継ぎに余裕を持って対応出来るので、無理な引き止めを回避しやすくなります。

退社の理由は様々ですが、会社に対する不満が原因で退社に至るケースも多々あります。そんな場合でも、退職の理由として会社への不満をダイレクトに伝えるのではなく、自分の将来のキャリアや目標、親の介護、結婚、妊娠などのポジテイブな理由を退職理由として伝えた方が会社側としても退社を拒否しづらくなり、悪い印象はあまり与えません。

出来るだけ会社にネガティブな印象を与えないほうが、無理な引き止めに合わず円満に退職することができます。

いくら強い意志のもとに退職を伝えたとしても、親しい上司から引き止められれば、心が揺らぐこともあるかもしれません。しかし、まず考えるべきはその会社で働いているのは上司のためではなく、第一に自分の生活や将来のために働いているという事です。

その会社で人生の大半の時間を費やすことが自分の人生や将来の目標にとってプラスにならないと判断したならば、心情に訴えられたり、辞めることに否定的なことを言われても意思を曲げるべきではありません。

退職を伝えるのも一苦労なのに、引き止めに遭ってしまってははたまったもんじゃありませんよね?

実際に会社に伝えたにも関わらず引き止められ、不満を抱えながらズルズルと仕事を継続したとしても、結果的に辞める時期を伸ばしているだけで現状の解決には至りません。しっかりとした意思で引き止めに屈しないことが重要です。

どうしても無理な引き止めで退職できない場合は退職代行スイッチにご相談ください。退職の最終手段があれば気持ちが少し楽ですよね!

ブログ記事一覧