ストレスを感じやすい人必見!仕事のストレスの特徴と解消法

「仕事のストレスで気持ちが沈みがち」「仕事のことを考えると食欲がない、どことなく体調も悪い」など、多くの方は日々仕事のストレスに苦しんでいます。全くストレスなく働かれている方はほとんどいないのではないでしょうか。

「毎日平穏でリラックスした気持ちで仕事をこなしたい」と心では思いつつ、実際は日々の忙しい業務にストレスが溜まり、心に余裕がなくなりギスギスした気持ちになりがちです。

ストレスは目に見えないのでとても厄介な存在です。しかしストレスは私たちの中に蓄積され、私たちの行動や考え方などに悪影響を与えます。時にストレスは重大な病気の要因にもなります。

仕事のストレスと上手く付き合うにはまずストレスの特徴を知ることが重要です。

任された業務を責任を持ってこなすことは大変重要ですが、あまりにも責任感が強すぎるとかえってそれがストレスの原因となります。

責任感が強い人は一人で多くの事を背負いこみ過ぎるため、自分を追い込んでしまう傾向があります。きちんと業務をこなし責任を果たした時の達成感は仕事の大きな励みになりますが、常に緊張した状態で仕事をし続けることになるので、業務が増え、許容量に近ずくと張り詰めた糸が切れるように燃え尽きてしまいます。

ストレスを溜めないために責任感の強い方はリラックスできる時間を積極的に作る事が大切です。

周囲の意見や見方などを気にし過ぎるのもストレスを蓄積させる要因の一つです。

チームワークを円滑に保つために周囲に合わせたり、波風を立てずに振る舞うのも大切ですが、これが行き過ぎると自身の意見を無理に押し殺して言えなかったり、ここぞという場面で自分の考えを主張する機会を逃すことになります。周囲の意見や評価、評判を気にし過ぎるあまり、無理に自分を押し込めすぎてストレスを溜め込むことになります。

周囲に気を使える人、合わせることができる人はその能力を生かしながら、少しわがままに、チーム内でも自己主張した方が、ストレスを溜めずにすみます。

人間はマシーンではありません。本来私たちは様々なミスをするもので、ミスを犯すことも人間の貴重な特徴でもあります。しかし、完璧主義の人にとってミスを犯すことはあってはならないことで、自分の周りにも同様に完璧さを求めるのが厄介なところです。

チームや上司に完璧主義者がいると自分のみならず、周りもプレッシャーをかけるので周囲に失敗は許されないという嫌な空気が蔓延し、余裕のないギスギスした雰囲気の環境になってしまいがちです。完璧主義が行き過ぎると自身のみならず周囲にも多大なストレスを与えることになります。

もちろん業務をできるだけ完璧にこなす事は大変重要ですが、完璧にこなすことのみが仕事の長所ではありません。完璧に固執せず肩の力を抜いてちょっとしたミスでも気にし過ぎない心の余裕もストレスを溜めない方法の一つです。

ポジティブに思い込むのであれば本人はあまりストレスを溜め込む事なく楽に仕事ができるでしょう(周りがストレスを感じるかもしれませんが…)。

それとは逆にネガティブな思い込みの強い人はストレスを溜め込みやすい傾向があります。「上司はきっとダメだと思っているはずだ」「同僚の◯◯さんはきっとこれは気に入らないはずだ」こういった否定的な思い込みが強過ぎるのもストレスを溜め込む要因となります。全てをポジティブにとはなかなか行かないにしても、自分が思っていたより実際はポシティブな状況だったということは多々あります。

あまりネガティブに思い詰め過ぎないことがストレスで苦しまないために大切です。

多くの人が業務上の不満を仕事のストレスの要因にあげています。例えば、仕事量が多過ぎで就業時間内にこなすことができない。就職時に聞いていた内容や希望するキャリアパスと実際の業務に疑問を感じる。実際にやりたい仕事を全くさせてもらえないので毎日辛い。毎日遅くまで残業があり、ライフワークバランスが全く取れないなど。

業務の不満は仕事の効率やスキルを上げることで業務の不満は多少は改善できますが、自分に全く合わない業務を継続するのは苦痛でしかありません。

嫌な上司の特徴として最も多いのがパワハラ、セクハラなどの上司によるハラスメントです。この様な時代遅れな教育と称した暴言や行動は許されるものではありません。また長時間労働、サービス残業、非効率で生産性の低い業務などを良しとする上司の働き方に共感が持てずストレスを抱えている人も多くいます。

会社の業務はチームワークで成り立っています。誰しもチームの関係を良好に保ち、衝突なくスムーズに業務を行いたいと考えているはずです。しかし、高圧的な同僚がいたり、陰湿ないじめ、嫌がらせや部署内の派閥争いがあるなど、良好な人間関係を保つのも一苦労です。会社にいる間はイヤでも顔を合わせなければならない同僚との面倒な関係にストレスを感じている方は多くいます。

給料が低過ぎるので働いても働いても生活が楽にならない。休日出勤がやたら多く週1日の休日が常態化している。有給の希望を出しても却下、または嫌味を言われるのでなかなか有給が取れない。弊社にご依頼いただくお客様にもこの様な会社への不満を持たれて退職に至るケースが多々あります。

ストレスを感じるのは自身の心の余裕が限界に近ずいているサイン。仕事のストレスは会社内の人間関係や業務に起因していることがほとんどです。まずは自身がストレスの元となる場所(仕事)から物理的、精神的にも一旦距離を置き、心のゆとりを取り戻すための時間を積極的に作るようにすることが大切です。

人間も動物と同じく運動不足が続くとストレスが溜まり、イライラしがちです。運動することで体の内側から熱を放出し、汗を出すことで物理的なデトックス効果のみならず、精神的にも充実感や爽快感などを得ることができ心のデトックス効果も期待できます。運動が苦手な方は短い距離のウォーキングなどからゆっくりと始めてみてはいかがでしょうか。

またヨガや瞑想は日常から離れ、気持ちを静め、慌ただしい生活の中で見過ごしがちなわずかな心の動きをゆっくりと見つめることができます。自分のストレスや悩みの根幹や原因を静観することで、ストレスから離れる方法を見つける手助けになるかもしれません。

睡眠は仕事や日常のストレスから離れるための非常に重要な活動の一つです。ついつい夜更かしをしてしまい睡眠時間が少なくなり、就業中は寝不足で辛いなどよくあることだと思います。睡眠不足は作業効率を低下させ、ストレスの原因にもなります。

疲労回復やストレス解消には安定した睡眠を確保することは非常に重要です。それには毎日同じ時間帯に就寝し、同様の睡眠時間を毎日とることが重要です。

残業や接待、育児や家事などで毎日の就寝時間や睡眠時間はバラバラになりがちですが、できるだけ1日スケジュールをしっかり管理して夜更かしや無駄な接待や飲み会などを控え、毎日同じ時間に布団に入り、同じ睡眠時間を確保するように心がけましょう。

特に休日の寝溜めは体によくありません。休日だけ長時間の睡眠をとると毎日の睡眠サイクルが乱れ、睡眠の質に悪影響を与えます。同じ睡眠サイクル継続することで、質の良い睡眠を維持し疲労回復やストレス解消に効果があります。

旅行は慌ただしい日常から離れ心を自由にさせてくれます。毎日忙しく、ストレスフルな生活を送っている方は自然の多い田舎や温泉などでリフレッシュするのは心にゆとりを与えるのに最適です。家族や友人と和気藹々とのんびり旅行するのも心を癒し、日頃のストレスを忘れさせてくれます。

国内旅行もいいですが、海外への旅行も日常から離れるのに最適です。異なる文化に触れることで、日頃のストレスや普段の生活を別の視点から客観的に見るきっかけとなり、ストレスの解消にも効果的です。日常ストレスからできるだけ離れるに旅行は最適ではないでしょうか。

色々ストレス対策をしても今の仕事を続ける限り、一向にストレスはなくならない方は仕事に見切りをつけ退職・転職を検討することも解決方法の一つです。業務や職場環境は自分がいくら頑張ってもすぐに改善することは望めません。職を変えることでそれらは一気に解決することも期待できます。

生活やキャリア、転職後の不安などでなかなか次のステップに踏み出せない方も多いと思いますが、以前に比べ、転職に関する情報ははるかに多く、転職は格段に容易になっています。選択肢の多い現在の労働市場ではより良い労働条件の会社も多くあるはずです。

現状を変えたい方は転職活動だけでもしてみてはいかがでしょうか?現職の状況を客観的に検討するいい材料にもなるはずです。

退職を会社に切り出すはとてもストレスの必要な作業です。特に無理な引き止めにあったり、ひどい上司と口も聞きたくないという状況の方は多くいらっしゃいます。

心身ともに疲弊し、辞めたいという社員を無理に引き止めるメリットがなぜそこまであるのか全く理解できませんが、理不尽な引き止めを行う会社も多々あります。

退職代行サービスを利用れば、業者が退職の意向を会社に伝え、退職までの会社との連絡の取次もするのでストレスなく退職することができます。ストレス解消、次のステップへの最終手段として退職代行を活用するのも選択肢の一つです。

仕事にはやはりストレスはつきものですが、出来るだけストレスが小さいうちに対処し、心に溜めないようにすることが健康的な社会生活を送る上で大切です。

まずは自身のストレスの元をしっかり把握して、その元との距離をうまくとっていくようにしましょう。

ブログ記事一覧